先日、予告しておりましたように、
APU(立命館アジア太平洋大学)の先生がお越しいただきました。
せっかくですので、今回はそのお話をしたいと思います。

と、その前に!

以前、You-学舎から進学した子がオープンキャンパスに行った時の記事があったので、
もしもAPU(立命館アジア太平洋大学)を詳しく知らない方は、まずはこちらをご覧ください。

過去の記事

立命館アジア太平洋大学(APU)に行ってきました!どんなところ??

立命館アジア太平洋大学(APU)

APU大分県の大学です。
日本人と外国人の比率が同じぐらいで、
日本にある海外のような空間です。

You-学舎が目指す目標と重なる部分も多く、
担当の先生と協力して海外からの受験生の手助けをしたいということになりました。
You-学舎がロサンゼルスの海外セミナーに参加した時に、
打ち合わせで知り合い色々お話しをいたしました。

ところが人の縁とは不思議なもので、
その先生は以前京都に住んでおられて、
You-学舎のこともご存知だったのです。
それもあって出張で京都に来られたときに、
You-学舎に立ち寄っていただきました。

 

APUは日本国内で留学感覚

APUは日本人学生と海外からの留学生
ちょうど半々になるように学生を募集しているそうです。
その学生たちは1年間寮生活を送るのですが、
その比率は日本人3に対して外国人7というものです。

当然、日本語よりも英語が使われ、
まるで留学しているような状態になるそうです。
もちろん、言語も文化も違うので、色々な問題が起きるらしいですが、
そういったことをクリアしていくうちに多くの国の友達ができていくそうです。

卒業後も色々な国で活躍する友達がいて、
社会人になってからビジネス上で、
そのつながりが役に立つこともあるとのこと。
これは一生の財産ですよね。
私も、もう一度学生に戻って入学したくなりました!

また、マルチカルチュアルウィークMulticultural Week)という、
色々な国の文化を週替わりで紹介する人気のイベントがあるそうです。
アメリカでお話しした時にも、
「楽しいから見に来てくださいね」
と誘ってくださったので、
一度見学に行ってみたいと思います。

立命館アジア太平洋大学(APU)

 

APUとYou-学舎の未来志向

You-学舎ではオンライン個別指導で、
アメリカカナダオーストラリアニュージーランド
フランスベルギーインドマレーシアフィリピン等、
色々な国に住んでいる日本人の受験生のお世話をしているので、
非常に共感する部分も多くありました。

ぜひ海外の日本人学生にAPUという大学の魅力を伝えることを約束しました。
海外で生活して磨いた語学力を維持したい生徒にもお勧めできますし、
海外から帰国する受験生だけでなく、
留学を志す国内の受験生にもぴったりだと思います。

また、外国人の留学生の方や帰国子女の方へ受験のアドバイスをしたり、
留学生が日本の企業に就職するときの就活のお手伝いなど、
You-学舎が協力できることをお話ししました。

You-学舎が、昨年のロサンゼルスの説明会前に、
シアトルの日本領事館で独自の説明会をしたことをお話しすると、
非常に興味を持たれ、将来共同で海外で説明会をしたいという話もいたしました。

 

まとめ

なかなか普段は聞けない大学の中の様子や学生さんたちの進路など、
興味深いお話も聞かせていただき感謝しております。
今後もYou-学舎では直接大学や高校の先生から聞いたお話しも
皆さんに伝えていきたいと思います。