帰国生入試で「英検」が武器になる

急に帰国が決まって「入試対策をしなければ」となったとき、
語学力を客観的に示せる資格がお持ちでない方が非常に多いです。

 

ただ「話せる」では受験資格を満たせない

せっかく海外に滞在していたのですから、
帰国生入試で大きな武器になるのは、
何といっても語学力です。
そして海外での異文化経験発信力も武器となります。

現地校やインター校の授業が理解できても、
友達や先生と自由に英語で話せても、
語学資格がなければ、客観的に語学力を示せませんし、
多くの帰国生入試の推薦入試で受験資格を満たせません。

そこで大きな武器となる語学資格が「英検」です。

 
帰国生入試の武器に「英検」
 

講師
帰国生入試で日本の中学・高校に入学・編入する予定のある方は、「英検」を受けておきましょう。
なぜ「英検」をオススメするのか?今回解説していきます。

You-学舎のオンライン個別指導では、英検対策も行っています。
ぜひ一度お問い合わせください。

 

英検受験のチャンスは年3回!

帰国生入試に間に合わないこともある

英検は年3回(一次試験は6月・10月・1月、二次試験はその翌月)しか受けられません。
帰国が決まってからではタイミングが合わず、
入試までに英検を受けられないかもしれません

受けられたとしても帰国生入試の願書提出日までに
二次試験の結果が出ないかもしれません。

受けられるときにどんどん受けておきましょう。

 

TOEICじゃダメ?

ちなみにTOEICは年に10回ありますが、主に社会人や大学生が受ける試験です
ビジネス用語やビジネスの知識なども必要なので、小・中学生にはおすすめしていません。

 

英検が帰国子女に有利に変わった?

以前は文法や語法の出題が多かったので、
普段は文法を意識せずに英語を話している帰国生にとって
Readingで点を取るのが難しかったのですが、
大学入試改革に伴って英検が変わっています

 

4技能(Writing/Reading/Listening/Speaking)が同配点の評価に

帰国生にとってはラッキーですね。

Listeningで高得点を取れますし、
現地校やインター校やアメリカンスクールなどで
エッセイを書いている帰国生にとっては
英検のWritingも抵抗ありません。

国内生の苦手なListeningとWritingで点数を稼げるのは
帰国生の強み
といえると思います。
どんどん高いレベルにチャレンジしていきましょう。

 

帰国生高校入試では、英検何級が必要?

帰国生の高校入試、編入試験では
英検準1級を取っておきましょう。

 

ICU高校の推薦入試(入試当日は面接のみ)の出願条件
  • 英検:準1級以上
  • TOEFL iBT:79点以上
  • TOEIC:730点以上

のいずれか。

 

同志社国際高校帰国生入試の特別推薦入試(入試当日は面接のみ)の選考条件
  • TOEFL iBT:79点以上、またばPBT:550点以上
  • ケンブリッジ英検:FCE以上
  • 英検:準1級以上
  • TOEIC:780点以上

のいずれか。

TOEFL iBT 79点と比べると英検準1級の方が取得しやすいので、
断然「英検」がおすすめです

 

帰国生中学入試では、英検何級が必要?

それでは、中学入試なら英検2級でいいのかというと、
やはり英検準1級を取っておきたいのです。

帰国生の場合、小学生でも英検2級合格者が多いので、
帰国生入試で武器にはなりません。

 

同志社国際中学校帰国生入試のA選考専願(入試当日は面接のみ)の選考条件
  • TOEFL iBT:68点以上
  • ケンブリッジ英検:FCE以上
  • 英検:準1級以上
  • TOEIC:730点以上

のいずれか。

同志社国際の帰国生入試を面接のみで受験するには、
中学入試も高校入試と同じく英検準1級が必要なのです。

 

帰国生の英検受験のハードルとは?

英検準1級、日本国内では主に大学生や社会人が受験します。
日常会話に全く苦労しない帰国生でも、
英検準1級の語彙のレベルには達していません。
語彙力のアップも必要ですが、
実はそれ以外にも高いハードルがあります。

 

世界の情勢や時事問題にも目を向けよう

長文の内容の背景知識がなくて、
何を書いてあるのか理解できないことがよくあるのです。

小学生の英検準1級の問題で「grant」という名詞が出て来ました。
英和辞書で意味を調べると「助成金」と書いてあります。
そこで、「助成金って何のこと?」となるのです。

日頃からニュースサイトやテレビニュースを、
できれば英語と日本語の両方で見て
家族で色々と話をする
といいですね。

 

帰国生の知識量を増やすために

以前、帰国生編入試験を目指す中学1年生に英検準1級を指導したときは、
出てきた長文のテーマに関連することも色々と話をし、

「世界の食糧問題とは?」
「バイオ燃料とは何か?」
「話題の社会問題にはどんな問題点があるか?」

を調べる宿題も出して、知識の量を増やしてもらいました。

時間に余裕があるのなら、調べ学習もいいですよ。

 

帰国生は計画的に英検を受験しよう

もちろん、英検だけで帰国生入試に合格できる訳ではありません。
数学や国語の対策も早めにやることが肝心ですが、
いつか帰国生入試・編入試験を受ける可能性がある方は、
英検を定期的に受けておいてください

ところで、国内生と帰国生の英検の結果を見比べると、
気のせいかもしれませんが、二次試験では海外会場よりも
日本で受けた方がスコアが甘くついているような気がします
(何の根拠もない、あくまでも私個人の感想です)。

 

講師
英検受験のチャンスは年3回しかありません。
いざ帰国生入試となってからでは遅いのです。
6~7月に一時帰国を考えている方は、英検のスケジュールをぜひチェックしておいてください。

You-学舎のオンライン個別指導の英検対策をぜひ利用してください。

 

こちらの関連記事もあわせてご覧ください