2020年度夏編入試験の延期決定

帰国生のための同志社国際中学高校の夏編入試験、毎年6月下旬にあるのですが、新型コロナの影響で、今年は8月21日に延期となりました。

一時帰国して受験しようにも、そもそも飛行機が飛ぶかどうかも分からないですからね。また、帰国後2週間経たないと受験会場に行けない現状では、帰国日程も早めなければなりません。今年の受験生は本当に大変です。。

長期休校で5月末の成績がつくのか?という心配をされている方も多いですが、滞在国によって事情は様々なはずです。1人1人丁寧に対応してくださるので、同志社国際中学高校のアドミッションズセンターに問い合わせることをお勧めします。

エッセイ対策をしっかりしておこう

募集要項の詳細はまだ出ていませんが、今年も試験内容に大きな変化はないと思われます。中学のA選考併願で受験される方はエッセイ対策に使える準備期間が増えた!と前向きにとらえていきましょう。

去年12月の中学入試(日本会場)エッセイのテーマ

ある占い師がいます。占うと、あなたの人生は幸せになりますが、困難なこともあります。その人生を想像して書きなさい。

という同志社国際らしい問題でした。英語力とともに論理的な思考力を見ていると、以前校長先生から伺いました。過去問題を使って、どんどん練習をしていきましょう。

慣れないうちは時間オーバーしてしまう子がほとんどです。最初は試験時間は考えずにじっくり構成を考えてから書いていきましょう。受験ではB4サイズ2枚に書くことになります。また、同じサイズの白紙が1枚配布されるので、別の紙にどんな内容で書くか、メモやイメージ図を書いて考える練習もしておきましょう。

書き慣れてきたら試験時間(60分間)をどう使うのか、計画を立てましょう。内容・構成を考える時間、書く時間、見直す時間という時間配分も必要です。そのためにも、色々なテーマで練習しましょう。過去問題は少し探しにくいのですが、願書の後ろの方にひっそりと載っています。願書は学校のホームページからダウンロードできますよ。

同志社国際中学エッセイ対策については、こちらの記事もご覧ください。

学校の成績も大切

学校が再開した方やオンライン授業で学校が続いていて、5月の成績がいつも通りつく方は、まず学校の授業や課題を最優先にしましょう。現地校やインターナショナルスクールの成績の推移もしっかり見られています!学年末テストや学年末課題、成績を上げる最後のチャンスなので、大切にしてくださいね。

説得力のある志望理由を考えよう

もちろん、面接も大切です。今のうちに同志社国際の研究をして、志望理由を固めておいてください。同志社国際で何をしたいか、何を学びたいか、なぜ他の中学や高校ではなく、同志社国際なのか突き詰めていきましょう。

海外経験を振り返ろう

帰国生入試の面接では必ず滞在国での経験を聞かれます。どんな学校に通っていたのか、そこで何を学んだのか。どんな経験をしたのか。学校以外でのスポーツや習い事などは?

受験生や家族にとっては当たり前と感じていることが、面接でのアピールポイントになるかもしれません。海外で暮らし始めたときのこと、学校行事、友達のことなど、今のうちに振り返ってまとめておくことをお勧めします!

入試当日、落ち着いて面接に臨めるように、面接の模擬練習も何度か繰り返しておくといいですよ。

今年は新型コロナのおかげ?で夏編入試験まで、少し時間に余裕ができました。これをチャンスととらえて、しっかりと準備をしていきたいですね。

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事は、なみまつが書きました。