先週、関西学院千里国際中学高校の海外生入試、立命館宇治中学高校の国際入試の合格発表がありました。
しっかり対策して臨んだ受験生たちから、合格の嬉しい報告がありました。

立命館宇治中学6人 高校5人合格

論理的思考力と英語力を同時に高めた!

立命館宇治中学を受験したNさんは、5年生の春から対策を始めました。
語学資格の対策をしながら、立命館宇治中学(IP)が求める「論理的思考力」を高めていきましょうということで長期的に戦略的に取り組みました。

調べ学習も効果的

当初、英検準1級の問題を使って作文の練習をしましたが、なかなか自分の意見が出てきませんでした。作文テーマの背景知識がないときはインターネットで調べたり、家族の方に聞いたりしていくうちに、どんどん知識が深まり、考える力がつきました。

「英語力」だけでは、立命館宇治中学には合格できませんからね。本当に成長しました。2年ぶりに彼女を指導したインターナショナルスクールの先生が、あまりの変化に驚いたほどです。本当にがんばりましたね。合格おめでとうございます。

高校B方式併願も合格

今回の入試では色々なパターンで受験した生徒がいました。
中学IP方式 5人合格 
中学A方式 1人合格
高校IB方式 1人合格
高校A方式 2人合格
高校B方式 2人合格
皆さんおめでとうございます。
入試の様子(エッセイや面接の質問など)については、またブログにしますので、来年受験される方は参考にしてくださいね。

関西学院千里国際中学2人 高校3人合格!

千里国際は出願書類が大切

千里国際は今年度まで「日本語小作文」と「面接」のみの入試です。出願書類(学校の成績と・志望理由・活動報告書)でほぼ合否が決まり、面接は最終確認と聞いていますので、出願書類はしっかり作りあげてくださいね。

今回の海外生入試では、高校2年生の受験者(つまり高3編入)がいました。編入試験は学年が上がるほど難しくなりますので、本当に心配でした。海外でいい経験をたくさんしていたので、出願書類に何を書くか、相談しながら書類を作成しました。

出願書類からきかれそうな質問を想定

書類提出後は、出願書類からきかれそうな質問を想定した面接練習を繰り返して入試に臨みました。
面接では想定外の質問もあったようですが、ベストを尽くせたと思うと連絡がありました。彼女は日本への本帰国日に合格発表だったので、空港に到着してから大急ぎで合否確認して、空港から電話をくれました!

高校合格者の他の2人は、併願受験でしたがまずは一安心です。
中学受験生の2人も無事合格でした。皆さん合格おめでとうございます。