同志社国際中学高校の2020年12月入試の結果が出そろいました。今回もしっかりと出願書類や小論文、面接の対策をした受験生たちから嬉しい報告が聞けました。

高校入試 8人合格!!

リベンジ合格おめでとう!!

今回は夏にコロナの影響で急に帰国をして、慌てて中3編入試験を受験したが不合格だったという2人の生徒がリベンジ受験のため語学資格を上げ、書類作成や面接対策に入念に取り組みました。

志望理由は、なぜ同志社国際高校で学びたいのか、入学後はどんなことに取り組みたいのか、それは他の学校ではできないことなのか?を突き詰めてもらいました。

海外でどんな経験をしたか。その経験で何を学んだかなど、海外生活の振り返りも一緒に進めていきました。
一度は不合格という結果で、ショックを受けましたが再チャレンジの結果見事合格おめでとうございます。面接も想定内の質問が多く、しっかり答えられたようです!!

B選考併願も合格しました!

面接なしの学力勝負、B選考の3科目(英数国)入試も合格者が出ました。日本に帰国してわずか2カ月ほどしかありませんでしたが、どんなにたくさんの難しい課題を出してもどんどん解き進めるガッツのあるFさんだからこそ短期間で仕上がりましたね。
彼女は先週の立命館宇治のB方式とのダブル合格です。
本命目指してまだ一緒に頑張りましょう!

中学入試 4人合格!!

エッセイ対策お疲れ様でした!

A選考併願で合格したT君は、最初の頃、なかなかエッセイを書くことができませんでした。長時間かかってやっと何とか書き進めて、、というもどかしい苦しい時期を乗り越えて、少しずつお話を書けるようになりました。同志社国際中学の入試小論文で苦労する男の子は多いです。
「途中、親子でくじけそうになったけれど、辞めずにチャレンジして良かったです。いい先生に出会えたなと感謝しています」と、お母様からメッセージをいただきました。合格おめでとうございます。

模擬面接で泣いたことも・・。よく頑張りました。

Y君は生まれてからずっと海外で暮らしてきたため、日本語での面接に不安があるとお父様からご相談いただき、面接練習をスタートしました。

日常会話は問題なくできるけれど、「動機」など普段使わない言葉を理解できないことが多かったので、時には英語も織り交ぜたり、お父様にフォローしていただいたりしながら面接の回答を一緒に考えていきました。

模擬練習では自分の思うように答えられず、泣いてしまったこともありましたが毎日毎日練習を繰り返して、最後は驚くほどスラスラと自分の考えを言えるようになりました。当日の面接でも手ごたえがあったようですね!合格おめでとうございます。

2月の入試に向けて

12月入試で不合格だった方から新たに連絡をいただき、2月入試に向けて対策を始めています。同志社国際中学高校は「受験資格があるなら、何度チャレンジしてもらってもいいですよ」と言ってくれています。
再チャレンジで合格した生徒を何人も見てきていますから、今回不合格だった方も諦めずに再チャレンジしてみてください。