「半夏」(はんげ)とは“からすびしゃく”という薬草です。

夏至の末候、半夏が生え始めるこの季節は農家にとって大切な節目の日とされ、農家はこの日までに田植えを済ませ、この後は田植えをしない風習があるそうです。

実りのためのための準備にも適したタイミングがあり、それを逸すると思うような収穫ができなうなるわけです。

勉強にも同じことが言えますね。